上映作品

東京物語

解説立花珠樹
  1. あらすじ
  2. 概要

小津安二郎

1903年12月12日、東京市深川区万年町(現在の東京都江東区深川)生まれ。小学校の代用教員を経て、1923年松竹キネマ蒲田撮影所に撮影助手として入社、1926年演出部に移り、翌1927年『懺悔の刃』で監督デビュー。1949年『晩春』は、野田高梧との共同脚本、独自の撮影手法、原節子や笠智衆の起用など「小津調」と呼ばれる戦後の小津の作品スタイルを確立、大きな節目の作品となった。1953年未完成だったシナリオを練り直し、『東京物語』を発表。家族の在り方を問う本作は小津映画の集大成であり、後世に語り継がれる代表作となった。

あらすじ

尾道に暮らす老夫婦が子供たちに会う為東京に出て来るが、長男・幸一や長女・志げらは日々の生活に追われ両親にかまってやれない。そんな寂しい思いをする2人を慰めたのは、戦死した次男の嫁・紀子だったが…。

解説

日時:2020年1月18日(土)12:00~ (10:00~上映)
場所:しこちゅ~ホール(小ホールかるた)
解説:立花珠樹(共同通信社解説委員)

日時 2020年1月18日(土)10:00~
場所 しこちゅ~ホール(小ホールかるた)
公開 1953年
制作国 日本
上映時間 135分
監督 小津安二郎
脚本 小津安二郎/野田高梧
撮影 厚田雄春
音楽 斎藤高順
出演 笠智衆 / 東山千栄子 / 原節子
チケット ・ローソンチケット(Lコード:L66060)ほか
Recommend

関連情報

Top