上映作品

37セカンズ

舞台あいさつ小泉朋 ラインプロデューサー (モデレーター:増田英明 エレファントハウス代表取締役)
  1. あらすじ
  2. 概要

第69回ベルリン国際映画祭パノラマ観客賞
国際アートシネマシアター連盟賞受賞作

あらすじ

主人公は23歳の貴田ユマ。生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、身体に障害を抱えてしまった。過保護な母との毎日が息苦しく感じ始めたある日、独り立ちしようと自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験がない作家に、いい作品は描けない」と一蹴されてしまう。その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて道を切り開いてくユマ。ユマの挑戦を支えるヘルパー・俊哉、娼婦・舞との出会いを経て、その先で彼女を待ち受けていたものとは…。世界中の観客を熱狂させた傑作がついに登場。このHIKARI監督にはハリウッドから次回作のオファーが殺到し、大型プロジェクトが動き始めている。PG-12

舞台あいさつ

日時:2020年1月18日(土)12:00~ (終了後上映)
場所:シネマサンシャイン大街道 シネマ4
ゲスト:小泉 朋 ラインプロデューサー
モデレーター:増田英明 エレファントハウス代表取締役 

小泉 朋

1976年/東京都出身
黒沢清監督「回路」の制作スタッフとして映画業界に入り、映画を中心に多くの作品に携わる。 2010年株式会社テトラカンパニーを設立。大竹しのぶ主演「女たちの都~ワッゲンオッゲンを企画製作プロデュース。また、若手監督の作品を多く手がけるようになる。近年はラインプロデュサーも務め、最新公開作は大根仁監督「SUNNY 強い気持ち・強い愛」など。本作品HIKARI監督「37Seconds」に引き続き同じ試みのプロジェクトを現在進行中(2021年公開予定)

増田英明

岐阜市出身
ギャガ、アスキー映画、20世紀FOX、マイシアターで映画配給、製作を経験し、2015年(株)エレファントハウス代表取締役就任。「あん」「淵に立つ」「寝ても覚めても」と製作配給した作品全てがカンヌ国際映画祭のコンペ部門で上映される。2019年「愛がなんだ」の配給宣伝の成功に続き、新たなチャレンジとして新会社立ち上げを計画中。

日時 2020年1月18日(土)/12:00~
場所 シネマサンシャイン大街道 シネマ4
公開 2020年
制作国 日本
上映時間 115分
脚本・監督 HIKARI
プロデューサー 山口晋/ HIKARI
ラインプロデューサー 小泉朋
出演 佳山明 / 神野三鈴 / 大東駿介 / 渡辺真起子 / 熊篠慶彦 / 萩原みのり / 宇野祥平 /
芋生悠 / 渋川清彦 / 奥野瑛太 / 石橋静河 / 尾美としのり / 板谷由夏
チケット ・ローソンチケット(Lコード:L66060)
Recommend

関連情報

Top