愛媛県立伊予農業高等学校 映画教室

Video production workshop in Iyo Agricultural high school

伊予市を舞台にショートフィルムを撮ろう!

カメラを通したふるさとの姿はどのように見えるのでしょう。「愛媛を舞台にした自主映画の会(ヒメブタの会)」のサポートのもと、地元の伊予農業高校生が一丸となってふるさとの魅力の詰まった動画を作成します。機材の扱い方からロケハン、シナリオ作り、撮影や編集、そしてスクリーンでの上映までを一貫して体験することで映画の魅力をより深く知ることができます。

※ワークショップの参加は伊予農業高校の生徒が対象となります。  
一般の方むけに2月11日(金・祝)IYO夢みらい館で上映会を予定しています。

 

講師

森幸一郎

松山市出身。松山南高校、大阪芸術大学映像学科卒。
地元出版・広告会社を経て、2009年にヒメブタの会(愛媛を舞台にした自主映画の会)を設立。主に自治体と協働した地域振興映画の監督・プロデュースを行う。代表作『食堂ゆすかわ』『赤い橋のある町で』等。2016年より始まった「まつやま市民映画事業」プロデューサー。学生映画教室、映像演技ワークショップ、河原デザイン・アート専門学校等講師。

完成作品上映会

2022年2月11日(金・祝) 時間・実施内容調整中

会場 IYO夢みらい館
スケジュール(予定) 8月11日:解説「映画はどのように作られるか」
12月21日:プロット、シナリオ作成
12月22日:ロケハン、香盤表作成、機材説明
12月23日:撮影
12月24日:編集
※内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください
講師 森幸一郎(愛媛を舞台にした自主映画の会 代表)
Top