アメリカン・ユートピア

David Byrne's American Utopia

目も眩むほどの幸福と感動のショーがいま、幕をあける。

グラミー賞受賞アーティスト、デイヴィッド・バーンの同名アルバムを原案に作られたブロードウェイショー。揃いのスーツに裸足、配線をなくし、極限までシンプルにして、様々な国籍を持つ11人のミュージシャンやダンサーとともに舞台の上を縦横無尽に動き回る。マーチングバンド形式による圧倒的な演奏とダンス・パフォーマンスは、混迷と分断の時代に悩む現代人を”ユートピア”へと誘う人生賛歌。

片岡礼子セレクション シネマ&トーク

俳優 片岡礼子(松前町出身)

©Cedric Diradourian

1971年生まれ、愛媛県出身。『二十才の微熱』(93/橋口亮輔監督)で映画デビュー。『愛の新世界』(94/高橋伴明監督)『KAMIKAZE TAXI』(95/原田眞人監督)で第17回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、『鬼火』(97/望月六郎監督)で第19回ヨコハマ映画祭助演女優賞、『ハッシュ!』(02/橋口亮輔監督)ではキネマ旬報賞主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。近年の主な出演作にドラマ「あなたの番です」「宮本から君へ」映画『榎田貿易堂』(18/飯塚健監督)『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)『楽園』(19/瀬々敬久監督)『Red』(20/三島有紀子監督)『タイトル、拒絶』(20/山田佳奈監督)『空白』(21/吉田恵輔監督)『グッバイ・クルエル・ワールド』(22/大森立嗣監督)など。最近では主演を務めた短編映画『あした、授業参観いくから。』(21/安田真奈監督)が大阪で限定公開され短編では異例のロングランになり注目を集めた。

 


 

上映日時

2022年9月3日(土)13:30~

会場 シネマサンシャインエミフルMASAKI シネマ1
監督 スパイク・リー
製作 デイヴィッド・バーン、スパイク・リー
出演ミュージシャン デイヴィッド・バーン ほか
公式HP https://americanutopia-jpn.com/
  2020年/107分/アメリカ

 

応募が定員に達しましたので、募集を締め切らせていただきました。

Top